九電みらい財団贈呈式

九電みらい財団が実施されている、次世代育成支援活動への助成事業に”ひむかかるた大会”を選んでいただいたことは、前回のブログでご報告しましたが、その贈呈式に、ひむかかるた協会副会長の白石と、事務局長の黒木の二人で出席させていただきました。

贈呈式ではひむかかるたの紹介もさせていただきました。

これまでの地道な活動を評価していただいたのが嬉しく、当協会が歩んできた道が間違っていなかったと再確認する意味でも、とてもいい時間となりました。

また当日は内容違えど、みやざきの子ども達のために活動されている

ジョイナス様

障害を持つお子さんとそのご家族にクラシックコンサートに招待し、文化事業に参加するきっかけを提供する活動をされています。

NPO法人たわわハートねっと様

子どもたちを地域ぐるみで育み、ふるさとへの愛着をもってもらうため、農業体験やボランティア参加、クリスマスなどのイベントを毎月実施されています。

延岡男星保育士団様

男性保育士で構成されたスタッフの専門性を活かしながら、父親目線のイベントを開催することで、父親の育児参加と父親同士の繋がりを促しています。

など素晴らしい団体の皆さんとも、活動資金や広報活動についてざっくばらんに意見交換を交わすこともでき、大変勉強にもなりました。

宮崎県から当協会含む4団体を選んでいただきました。

今回助成いただいたお金は事業に大切に活用させていただき、
引き続きひむかかるたを通じて、一人でも多くの”みやざき大好きっ子”を育んでまいります。

2018年04月19日 | Posted in 事務局より, 活動報告 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)