イベントに参加しました♪

9月1日(土)に九州電力宮崎支社さんの主催するイベントに参加してきました。
ブースを設けてのイベント参加は初めてだったので、スタッフも手探りの中でのイベントスタートでしたが(汗)、イベント中は本当に多くのご家族連れ、子ども達にひむかかるたに接していただき、とても有意義な時間となりました。

「僕たちの小学校でもやりたい!」と言う声

普段からひむかかるたで遊んでくれている子ども達もいましたが、イベントではひむかかるたを知らない子ども達、親御さんもおり、そんな彼らの反応がとても興味深かったです。特に子ども達は“好き好き大好き 須木の栗”“チキン南蛮 うめっちゃが”などリズム感のある読み札は試合前の練習で瞬く間に覚え、実際の試合では、初めてとは思えない迫力ある取り合いが見られました。

試合終了後にひむかかるた大会のことをPRすると「絶対参加したい!!!」と嬉しい声も。

小さいお子様も【言葉覚え】のツールとして

また今回のイベントではお母さん・お父さんにもひむかかるたについてお話することができたのも収穫でした。

本来ひむかかるたは、郷土宮崎を”遊びながら”覚えるツールとして活用されていますが、子ども達にとって馴染みのある絵札・読み札(ひむかかるたの絵札・読み札は全て小学校・中学校の子ども達が考えたものです。)は、幼稚園・保育園に通う子ども達にも受け入れられるので、言葉を覚えさせるツールとしても機能することを内山こども園のケースを例に説明させていただきました。

一部のお母さん・お父さんからは「ウチの園で取り入れてもらえないか先生に相談してみます。」とPR/営業が下手な協会スタッフとしては大変有難いお言葉もいただきました。

ひむかかるたを取り入れてみませんか?

協会では本イベントに引き続き、必要とあらばひむかかるたを持って、各学校や幼稚園・保育園にお伺いし、実際に子ども達に触れて・遊んでもらう機会を提供していければと思っています。

どうぞ気になる先生・親御さんはお気軽にひむかかるた協会までお問い合わせください。

2018年09月03日 | Posted in 事務局より, 活動報告 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)